競走馬サプリメント事情 | JRAの激震

JRAも激震する「競走馬用のサプリメント」の実情に驚き!なんと156頭が出走除外に!

競馬

競走馬のサプリメントに「禁止薬物」が含まれていたことが分かり、土日の2日間でで156頭が出走を取り消した!

日本騎手クラブ副会長の福永祐一騎手の発言どおり「競馬史上、類を見ないほどの事件」となってしまった6月第3週の中央競馬だが、今回の騒動の中心にあったのは「栄養補助サプリメント」その実態を調べてみると‥‥。多くのファンも驚く「競走馬サプリ事情」を摘出する!

まずは前代未聞の事件を振り返ろう。コトの発端は6月14日(金)、JRAの公正室あての、複数の調教師からの問い合わせだった。

「飼料に禁止薬物が含まれているとの検査結果が出たので、業者が回収したいと言っている」

対象のカルシウムサプリメント「グリーンカル」(発売元は日本農産工業)から検出されたのは、気管支拡張作用や興奮作用があるとして競馬法で禁止薬物に指定されている「テオブロミン」。この段階で、出走予定馬を全頭検査する時間は残されておらず、「グリーンカル」を購入した厩舎の管理馬が「禁止薬物を摂取した可能性がある」として15日、16日の競走を除外されたのだ。

発送除外になったのは、美浦6厩舎と栗東22厩舎で合計156頭にも上り、しかもその中には16日に開催されたGⅢの「函館スプリントS」で人気上位に推されていたダノンスマッシュもいた。

安田隆行調教師は「最悪ですね。コメントがないです。おかしいですよ。これだったら旅費も全部出してほしいくらい。こっちが被害者です」と憤りを露にしている。

競馬専門誌記者も、次のように話す。

「安田調教師の発言こそ出走を取り消された各厩舎の総意ですね、今回問題となった『グリーンカル』はJRAが認めた店舗で何十年も前から販売されている定番商品で購入したわけですからね」

週が明けた18日にJRAは「グリーンカル」を購入していた東西28厩舎で、22日、23日の両日に出走を予定していた計365頭(美浦74頭、栗東291頭)に対する薬物検査を行いその結果を発表した。

幸いにも全頭「陰性」だったが、厩舎関係者が怒りをあらわにする、これで騒動が終わったわけではない。

ばんえい競馬

今回の騒ぎで「JRA同様に『ばんえい競馬』が5頭、『金沢競馬』で20頭が競走除外になるなど、今回の余波が地方競馬でも起きている。馬主や厩舎への補償についてもいまだ正式な発表はないし、除外馬の優先出走期間を巡っても話が二転三転。当初の『翌週のみ』から『約2カ月間』に変更されたことで『狂ったローテーションがさらに狂う。最初からはっきりしてほしい!』と、JRAの失態を指摘する声も多いですよ」

ここ数年の「薬物事件」と比較して明らかに規模が大きかった今回の事件。今後のJRAの対応がどうなるか注目したいところだが、今回改めてスポットが当てられたのが、この「競走馬用のサプリメント」。

更に取材を進めるてみると現代競馬でこの「サプリメント」が、いかに重要視されているのかが明らかになったのだ。

レース当日「勝負飼葉」が当たり前!

競馬界では、餌(飼い葉)の重要性は理解され2000年代に入った頃から馬用サプリの進化とラインナップの充実されるに従い、その存在感が増してきた。

厩舎関係者が語る。

「今回問題となった『グリーンカル』と同じカルシウムを摂取するためのサプリを見ても、カキ殻や石灰岩など原材料の違いで数十種類もの商品が存在する、それほど今の競走馬用サプリは細かく分かれていて、摂取できない栄養素はないのではないでしょうか。飼葉にどの栄養素のどのサプリをどれくらい入れるのか─。近代競馬で厩舎が最も力を入れるポイントです」

飼葉(サプリ)を準備する時には外部の記者などが立ち入り禁止になるなど、どのサプリを配合するか、また、その配合比が厩舎のトップシークレットになっている、まさに「機密情報」なのである。

「究極的に言えば合法的な範囲で、馬をどれだけ興奮させる事が出来て、走らせる事が出来るかが調教師の腕の見せどころとなっているのです。例を挙げると日頃の飼葉に油脂成分を加えると、馬は興奮しやすくなると言われています。それだけでは折り合い面での不安が出るので、強めに調教して行きすぎないようにするなど、もはやサプリメントでの強化を基準に調教メニューを組み立てるのは当たり前です。そのため競走馬1頭ごとに配合を変えるのは当然ですし、レース当日『勝負飼葉』を食べさせたり、手を替え品を替え、いろいろ試行錯誤をしているのです、栄養素には関係のない、香料を混ぜる事もあります。これは味を変えイチゴ味にする事で飼葉をモリモリ食べるんですよ(笑)」(厩舎関係者)

他厩舎との差別化を図りたい為に高級サプリメントを大量に使用したり、新たなサプリメントが出たと聞けば、すぐに試してみる厩舎も少なくないのです。

「最近では馬主の間で『あの厩舎は飼葉代が高いから』と言う事が話題になったりします、これはサプリメントの中でも非常に高価な牛の胆石が原材料で強心効果がある『牛ゴ黄オウ』という漢方のサプリメント1キログラムあたり300万円と高額なので、全ての競走馬に与えるわけにもいかず、GⅠを勝つような一流馬に限られますけどね」(厩舎関係者)

1億円以上の賞金をガッポリ獲得するような競走馬であれば、300万円でも安いというわけです

第4コーナー

「競走馬用ポカリ」も存在する

今では競走馬用のサプリメントの数は1000種類を優に超えると言われています、新商品も続々と発売されています、しかし流行り廃れも激しくて、この点では人間のサプリ業界とあまり変わらないと競馬ジャーナリストの東濱俊秋氏が語っています。

「おもしろいのは『人間の健康にいい』とされる栄養素や成分が研究発表されると、それがすぐに競馬界でも商品化されるんです。私が知るかぎり、40年ほど前の時代ですらその傾向があって、あのシンボリルドルフの父パーソロンは、飼葉にローヤルゼリーが配合されていました。最近では日本人が開発してアメリカで大流行したのが、米の胚芽から抽出した米油由来の『ガンマオリザノール』のサプリ。筋肉増強に効果があるとされています」

中には、効率的に水分補給ができるものも存在する。東濱氏が続ける。

「『馬用ポカリスエット』と呼ばれる、電解質の水溶性紛末サプリです。ほかにオーストラリア大陸にしかいない陸鳥エミューのオイルのサプリなんかもありますね。鶏むね肉に含まれ、疲労回復効果の高い『イミダペプチド』がブームになった時にも、商品化の動きがありました」

とにかく成長促進や健康維持のために、使えるものは何でも使うのが今の競馬界。馬の飲料用水のために水素水のサーバーを設置する厩舎まであるという。

ただ、レースに勝つことをギリギリまで追求した結果、時に一線を越えるケースも少なくないようだ。ベテランのスポーツ紙記者が回想する。

「実は合法サプリにも微量の禁止や規制薬物が含まれていることは多く、レース当日の摂取が禁じられていたりする。ところが当日に掛かり気味だった馬を落ち着かせようと、若いスタッフが鎮静剤系のサプリを誤って摂取させた。するとその副作用から、ゲート前でピンク色の泡を噴いてしまい競走除外に。結果、不可解なことにそのサプリを製造した会社に責任が押しつけられ、JRAから1着賞金相当の補償金を請求された。『話し合って3着分(三百数十万円)にまけてもらった』と苦笑していた」

笑って済まされる話ではないが、それほどサラブレッドが「サプリ漬け」になっているということ。競馬は「科学の競走」なのだ。

今回の事件はサプリが絡んでいるとはいえ、故意、人為的なものではない。だが、大量の除外馬を出し、ファンをがっかりさせるようなことは今後、二度とあってはならない。

ばんえい競馬2

スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
お知らせ