ミネラルとは?




ミネラルとは
健康の維持に欠かせない基本栄養素
ミネラルは、からだの調子を整えるために必要不可欠な栄養素にも かかわらず、不足しがちな栄養素ともいわれています。 しかも、体内で合成できず、食事からの摂取もしにくたいめ、 サプリメントで補うことの多い基本栄養素かもしれません。

私たちの体の96%は炭素、窒素、水素、酸素の4元素から構成されています。その4元素以外の(鉄、亜鉛、銅、カリウム、マグネシウム、リンなど)体の働きを助ける微量鉱物(無機質)のことを総称してミネラルと呼び、これらは体の機能を正常に維持するために働いています。例えば、骨を作ったり、体のPHを正常に保ったり、たんぱく質と結合して酵素の働きを助けたり、ホルモンの材料になったり・・・という具合です。
体の中に存在するミネラルのバランスが取れていないと拮抗作用(反対の作用)を起こしますこれがビタミンとの大きな違いです。
なのでバランスよくミネラルを摂らないと他のミネラルの吸収を妨げたり、体の外へ出す働きかけたりをしてしまうのです。
正しい食生活が送れていない現代人は、ストレスや不規則な生活から、体を守ろうとして代謝機能の中でミネラルが多く利用され不足しやすくなります。
骨の為にカルシウムだけを摂っている方は、マグネシウムが不足しやすくなります。
マグネシウムは血管をしなやかに保ったり、骨や歯を丈夫に保ったりするので、バランスよく摂ることが大切です。
気をつけなければいけないのは、ミネラルの中でも、水銀やヒ素などの有害なミネラルもあり、それらの拮抗作用で体に必要な亜鉛などのミネラルも不足してしまう事があります。有害ミネラルは空気中や食物から体内に摂取していることが多いため、分からないうちにいつの間にかミネラルのバランスが崩れている場合があります。
最近食べ物が美味しくないな~とか、疲れやすい、つめの表面がボコボコしてきた、と思われる方は、ミネラルバランスが崩れている恐れがありますので、食事内容に気をつける事が重要です。
身体の機能や維持の調節に必要不可欠な微量元素
五大栄養素はミネラル、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンですが、五大栄養素のうち、たんぱく質、脂質、炭水化物は三大栄養素と言われており、身体を作る材料やエネルギー源となります。ビタミンとミネラルは直接エネルギー源にはなりませんが、身体の機能維持や調整を行う為になくてはならない栄養素です。
しかしミネラルは、体内では合成されないため、食品から摂取する必要があります。

身体の100種類以上ある元素のなかで、酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)、の4種類の主要元素が約96%を占めており、主要元素を除く4%の元素のことをミネラル(または無機質)や灰分と呼んでいます。ミネラルはカルシウム、マグネシウム、鉄、カリウム、ナトリウムなどが有名ですが、日本人に不足がちなミネラルはカルシウムや、マグネシウムです。女性に不足しがちな鉄、高血圧予防に摂取したいのがカリウムで過剰気味なのは高血圧の原因のナトリウムです。




スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする