ビタミンの効果と働き




ビタミンの効果と働き
ビタミンとは、『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず、自分で作ることができない化合物』健康的に生きていく上で必要な栄養素です、そのため、野菜や果物などの食べ物から取りつづける必要があり、ビタミンはお互いに作用しあって働くので、必要なビタミンがバランスよく体内に存在しなければなりません。
fd401298

現時点では、ビタミンAをはじめとして、13種類が確認されていて脂に溶ける性質のある脂溶性のビタミンと、水に溶ける水溶性のビタミンがあります。
また、過去にはビタミンとされていたものの、研究が進みビタミンのグループからはずれた物もあります。
それが、ビタミン様物質です、ビタミンF(多価不飽和脂肪酸)やビタミンP(フラボノイド)など、これらもビタミンと同様に必要な栄養素です。
女性にとって関心の高い美容と切り離す事の出来ないビタミン、その美容に関わるビタミンだけでもこんなにあります。

ビタミンA  :肌荒れの予防
ビタミンB1 :お肌に悪いストレス解消
ビタミンB2 :肌の新陳代謝を促進・脂肌の予防・細胞の再生
ビタミンB3 :精神安定(副作用が強いので注意)
ビタミンB5 :ストレス耐性の強化・肌を健康に保つ・ニキビ/肌荒れ対策
ビタミンB6 :ニキビ/吹出物予防
ビタミンC  :コラーゲンの合成・シミ/そばかすの予防
葉酸(M)  :細胞を新しく作るのを助ける・健康な皮膚をつくる
ビオチン(H):はげ・白髪予防

この通り美容に関してだけでも色々なビタミンが役割を持って働いています、またビタミンは13種類の栄養素が密接に関わりを持って補完し合っています。
ひとつのビタミンを摂取するだけでは効果が期待出来ない物や、複数の相性のよいもの同士を同時に摂取すると、格段に効果が上がる場合が多いのです。

それぞれの栄養素の詳しい効果は、右のサイドメニューで各ビタミンの役割を記載していきます。
ビタミンの摂取
ビタミンは自分では作る事の出来ないのが栄養素です。
その為、野菜や果物などの食品から継続的に、摂取する必要があります、しかし全てのビタミンを効率的に食品から摂取量を確保できない事も多くそんな時は、サプリメントで補給する事もひとつの方法です。
ただし、サプリメントなどでビタミンを補給する場合は、単体でビタミンを摂取するよりも、まずは安価なマルチビタミンを利用した方が効率的です。
その上で、特に効果を期待したいビタミンがあれば、プラスして摂取するのがコスト的にも理想的で、一番効果的といえるでしょう。

私も飲んでみたいのですが高額なのでもう少し勉強して決めようと思いますが、お医者さんが選ぶ天然素材から作られたマルチビタミン、ミネラル、乳酸菌、不飽和脂肪酸・オメガ3、DHA,EPAなどを含んでいて他にプラスで飲む必要がない最高のサプリメントです、他にプラスする必要が無いのでかえって安上がりかもしれません。





スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする