サプリメントでビタミンC





m030892

ビタミンC(アスコルビン酸/水溶性)

補給を心がけたい人
・肌をきれいにしたい人
・しみ、そばかすの気になる人
・ストレスの多い人
・喫煙者
・歯茎から出血しやすい人
・日頃からガン予防を心がけたい人

ビタミンCの効果
・強力な抗酸化作用
・コラーゲンの生成を助ける
ビタミンCがコラーゲンの生成を助け、ハリのある肌を保つと共に、血管や骨なども丈夫にします。
・悪玉コレステロール(LDL)値を下げ、善玉コレステロール値をあげる
・食品添加物や化学物質などの有害物質を解毒
・乳酸などの疲労物質の処理を早める
・鉄の吸収を助ける
・シミ,そばかすを防ぐ
ビタミンCがしみ・そばかすの原因とされる黒色メラニンを、還元型メラニンへ化させて目立たなくしてくれます。
・免疫力を高め風邪やインフルエンザの予防
ビタミンCが白血球の働き助け免疫力を高めて、風邪などの感染症に対抗します。
また、ビタミンCはウイルス感染を阻止する効能を持つインターフェロンの生成を助け、抗ウイルス作用の効果により さらに感染症の阻止します。
・発ガン性物質から守りガンを予防します
抗酸化ビタミンとしても有名で、抗ガン剤としても知られているインターフェロンの生成を助けます。
またビタミンE・C・Aは代表的な抗酸化ビタミンで、生活習慣病である、心筋梗塞、脳卒中、ガン、などの病気を誘発 するとされるフリーラジカル(代表は活性酸素)を除去します。
・ストレスを緩和する
ビタミンCが抗ストレスホルモンのアドレナリンの生成を助けます。ちなみに、パントテン酸にもストレスを緩和する 作用があります。
・白内障を防ぐ
・動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞を予防する
・手術後の傷の治りを早くする
・壊血病を予防する
・痛風を緩和する
ビタミンCが痛風の原因となる尿酸を、関節から排除します。

体内での抗酸化作用に大変重要な働きをするビタミンです。水溶性のビタミンで、熱や酸素などによって壊れやすい性質があります。

ビタミンCの欠乏症
・壊血病(体の各部から出血、関節痛、疲労感)
・病気に対する免疫力が弱まり、風邪をひきやすくなる
・癌にかかりやすくなる
・コラーゲンの生成が進まず、肌がくすみ、しみができやすくなる
・体がだるく、疲れやすい

ビタミンCの過剰摂取による副作用
特に注意する必要はありませんが大量摂取の副作用としては、極まれに下痢を起こす事があります。

摂取時の注意点
タバコは、ビタミンCを壊すので、たばこを吸われる方は、通常より多めに摂る必要がありますが、 一気に大量に摂っても、体外へ排出されますので、サプリメントなどで小まめに摂るようにするとよいようです。
ビタミンA・Eやカテキンなどと同時に摂ると抗酸化作用が高まります。

多く含む食品
・赤ピーマン
・菜の花
・ブロッコリー
・アセロラ
・レモン
・柿
・ゴーヤ

食品で一日の必要摂取量換算
・いちご 大粒4個(125g)
・トマト 中3個 (500g)

お医者さんが選ぶ天然素材から作られたマルチビタミン、ミネラル、乳酸菌、不飽和脂肪酸・オメガ3、DHA,EPAなどを含んでいて他にプラスで飲む必要がない最高のサプリメントです、他にプラスする必要が無いのでかえって安上がりかもしれません。





スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする