サプリメントでナイアシン(ビタミンB3)




サプリメントでナイアシン(ビタミンB3)

ナイアシン(ビタミンB3/水溶性) 

こんな人にお勧め
・お酒をよく飲む人
・にきび、吹出物が気になる人
・激しい労働をする人
・冷え性を改善したい人
・胃腸障害を予防したい人

ナイアシンの効能
ビタミンB群の中では最も必要量が多く、一部は体内で合成されます。
別名ニコチン酸とも呼ばれ、その化合物のニコチン酸アミドの2つの総称がビタミンB3です。
・血液循環をよくし、頭痛や冷え性を予防する。
・中性脂肪とコレステロールを減らす働きをする。
血清コレステロールの低下(但し大量摂取が必要で副作用があり)悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロール
を増やします。
但しニコチン酸を1日数g摂取が必要で強い副作用もありますので、個人では絶対に行ってはいけません。
・二日酔い悪酔いを防止
アルコールの分解を助け二日酔いを防止します。
・片頭痛を予防する。
・インスリン合成に関与する。
インスリンの合成を助け、糖を代謝しエネルギーへ変換する働きあります。
・たんぱく質、脂質、糖質の分解を助けます。
たんぱく質、脂質、糖質を分解しエネルギーに変えるのを助けます。
・喘息時の喘鳴音を緩和。
体内の様々な場所に炎症を引き起こすヒスタミンを減少させます。
・口内炎や口角炎等を抑え粘膜を健康に保ちます。
・粘膜の強化にも関わっています。 

ナイアシンの欠乏症
・ペラグラ、皮膚炎を起こす。
後に下痢などの消火器系障害を起こし末期は痴呆などの中枢神経障害が起きる。
・口舌炎、口内炎、口臭を起こす。
・頭痛、めまいが起き、忘れっぽくなる。
・食欲不振、吐き気を覚え、腹痛を起こす。
・虚弱、疲れやすくなる

ナイアシンの過剰症
・神経過敏、頭痛、腸痙攣、下痢等。
・痛風の発作を起きる事がある。
・糖尿病患者にしてしまう可能性がある。
・肝臓に異常をもたらす可能性がある。
・顔面紅潮、皮膚の赤み、ほてりなどを起こす。

多く含む食品
・豚レバー
・まぐろ(ビンナガ)
・タラコ
・牛レバー
・カツオ
・落花生
・ムロアジ

食品で一日の必要摂取量換算
さば 約0.5尾(175g)
かつお節 38g





スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする