サプリメントでB12(コバラミン)




サプリメントでB12(コバラミン)

ビタミンB12(コバラミン/水溶性)

こんな人にお勧め
・貧血ぎみの人
・野菜中心の食事をしている人
・目が疲れやすい人
・多量にお酒を飲む人
・肩こり、腰痛の人
・月経中、月経前の人

ビタミンB12の効能
ビタミンB12には、脳や神経細胞の活動を助け,葉酸の働きを助け、細胞を作る働きを強める働きがあります。
不足すると、胃腸の不調,子供の成長障害などの症状が出ます。
・赤血球を形成し、悪性貧血を予防する
 ビタミンB12が葉酸と協力して、赤血球の生成を助けます、鉄分不足でおこる貧血と区別して、ビタミンB12、葉酸の不 足でおこるものは、悪性貧血とよばれています。
・成長を促進する
・精神を安定させ集中力や記憶力を向上させる
ビタミンB12は神経細胞の表面脂質膜や核酸の合成を行い、精神を安定させます。
・神経系の働きを正常に保ち不眠症の緩和する
神経細胞の表面脂質膜や核酸の合成や抹消神経の傷の回復を行い不眠症を緩和しますます。
・心臓病のリスクを下げる
・喫煙による発ガンを防ぐ
・動脈硬化を予防する
ビタミンB12は同じビタミンB群である、B6や葉酸との相互作用で動脈硬化の原因とされているホモシステインをメチオ ニン(アミノ酸の一種)に円滑に代謝させます。
・腰痛や肩こりを緩和する

ビタミンB12の欠乏症
・神経障害
・動脈硬化
・ホモシステイン尿血症
・メチルマロン酸尿血症
・悪性貧血を起こす
・食欲不振、消化不良、下痢を起こす
・記憶力の減退
・中枢、抹消障害を起こす
・舌が赤くただれ痛む

ビタミンB12の過剰摂取による副作用
特に報告されていません。

摂取時の注意点
ビタミンB12は動物性食品に含まれています、その為に肉や魚介類が苦手な方は摂取する事ができないので、サプリメントなどから意識的に摂る必要があります。
糖尿病になると、ビタミンB12の吸収が阻害されます。
ビタミンB12を吸収するには胃の内因子(糖たんぱく)と結合することが必要ですので、胃を切除されていたり、胃粘膜に障害がある方は大量のビタミンB12を必要とします。
ビタミンB群は相互的に働くので、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸と合わせて摂ると効果があがります。
特に葉酸と作用すると造血機能を促進し、ビタミンB6、葉酸と作用すと動脈硬化のリスクをさらに減らすことが出来ます。

多く含む食品
・牛レバー
・鶏レバー
・豚レバー
・シジミ
・アサリ
・イクラ
・焼き海苔

食品で一日の必要摂取量換算
たらこ 13.3g
しじみ 2個(3.8g)

お医者さんが選ぶ天然素材から作られたマルチビタミン、ミネラル、乳酸菌、不飽和脂肪酸・オメガ3、DHA,EPAなどを含んでいて他にプラスで飲む必要がない最高のサプリメントです、他にプラスする必要が無いのでかえって安上がりかもしれません。





スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする