サプリメントでビタミンE




サプリメントでビタミンE(トコフェロール)

ビタミンE(トコフェロール/脂溶性)

こんな人にお勧め
・ひび、あかぎれ、冷え性、しもやけのできやすい人
・更年期で肩こり、冷え、のぼせのある人
・心疾患、脳卒中、がんを予防したい人
・老年期の人
・生理不順で、生理痛で悩んでいる人

ビタミンEの効果

・細胞膜の抗酸化(動脈硬化,心臓病,ガンなどの予防)
ビタミンA・C・Eは代表的な抗酸化ビタミンで、心筋梗塞、脳卒中、ガン、などの病気を誘発するとされる活性酸素を除去する効果があります。
・呼吸器を守る
・運動能力を高める。
・過酸化脂質が作られるのを防ぐ。
細胞の酸化や老化防止に役立つ 抗酸化作用が働き、変性疾患に効果を発揮する。
・動脈硬化を予防する・毛細血管の血行をよくし新陳代謝を活発にします。
血液をサラサラにします(血行をよくする)。
ビタミンEは、毛細血管を拡張させ、血液の流れをよくすると共に、新陳代謝も活発にします。
・疲労をやわらげる
・免疫系を強化する
・アルツハイマー病のリスクを下げる
・生殖機能を正常に保つ
・耐久力が増す
・活性酸素を除去します
・ビタミンEが、悪玉コレステロールの酸化を抑制し血小板の粘着を防ぎます。
・更年期障害をやわらげる
ビタミンEは、女性ホルモンの代謝を助け更年期障害の症状を緩和します。不妊の改善にも役立つとされています。
 
細胞膜の抗酸化をする大変重要なビタミンです。脂溶性のビタミンで、塩素などで破壊されやすい性質がありますビタミンEには、αトコフェロール,βトコフェロール,γトコフェロールなど全部で8種類あります。体内で最も活性が高いのがαトコフェロールです。

ビタミンEの欠乏症
未熟児の場合、溶血性貧血や運動失調などの神経症状などがおこります。
・赤血球の破壊
・生殖機能の低下
・心疾患、脳卒中の危険性が高まる
・脂肪吸収障害
・未熟児
・冷え性やしもやけになりやすい
・筋肉の退行変性
・疲れやすくなる

ビタミンEの過剰症
極まれに下痢

摂取時の注意点
・ビタミンA・と同時に摂ると抗酸化作用の効果が高まります。
・ビタミンEは野菜などよりも穀類に多く含まれるので、誤解しないようにしてください。
・コエンザイム同時に摂ると、抗酸化の仕事を終えた ビタミンEを再生します。
・ビタミンEは天然と合成を比較すると、天然のほうが体内での利用効率が高く、効果が優れています。

多く含む食品
・アーモンド
・ひまわり油
・モロヘイヤ
・かぼちゃ
・スジコ
・ツナ油漬け缶詰
・ヘーゼルナッツ

食品で一日の必要摂取量換算
アーモンド 27粒(32g)
かぼちゃ 625g






スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする