サプリメントでパントテン酸(ビタミンB5)




サプリメントでパントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸(ビタミンB5/水溶性)

補給を心がけたい人
・風邪をひきやすい人
・ストレスのたまりやすい人
・風邪を予防したい人
・疲れやすい人

パントテン酸の効能

一部は腸内細菌により合成されますが、ストレス,薬物などにより腸内の状態が悪くなると欠乏症になります。
脂肪の分解・合成,副腎皮質ホルモン,性ホルモンの合成,免疫抗体や神経組織・筋肉組織の生産などの働きがあります。
・免疫力を高めます(風邪にかかりにくくする)
パントテン酸がビタミンB6や葉酸と共に免疫の為のたんぱく質の生成を助けます。
・傷の治りをよくする
・脂肪と糖のエネルギーへの転換に必要です
パントテン酸が脂質、糖質を分解しエネルギーに変えるのを助けます。
・副腎が正常な機能を果たすのに必要です。
・正常な成長の維持、神経中枢系の発達を助ける。
・コレステロールと中性脂肪を下げる。
・化学化合物の解毒作用があります。
パントテン酸から生合成されるコエンザイムAという物質が除草剤、殺虫剤などに配合されている有害な化学化合物に 対する解毒作用あるとされています。
・ストレスに対する抵抗力を高めます
パントテン酸が人間がストレスを感じた時などに作られる副腎皮質ホルモンの合成を促進させます、 副腎皮質ホルモン の作用により血糖値と血圧を上昇させ、ストレスに対抗します。
・肌を健康に保ちます
パントテン酸がコラーゲンの生成に必要なビタミンCの働きを助けます。また、脂質を分解することで、余分な脂質を 減らし、ニキビや肌荒れなどの対策としても有効です。

パントテン酸が不足すると
皮膚炎、不眠症、倦怠感(ただし、パントテン酸はあらゆる食物に含まれ、腸内細菌の働きでも合成されますので、 現在ではあまり欠乏症の心配はいらないようですが下記のような症状が表れます。
・ストレスに弱くなり、疲れやすくなる
・容易に感染しやすい
・昼間から居眠りをする
・皮膚炎、毛髪色素欠乏症が起こる
・怒りっぽく、喧嘩早くなる
・つま先、足の裏の皮膚が焼けるように傷む

パントテン酸の過剰症
報告は特にありません。

多く含む食品
・鶏レバー
・豚レバー
・牛レバー
・鶏ささみ
・タラコ
・干ししいたけ
・落花生

食品で一日の必要摂取量換算
さつまいも 大1本(610g)
牛レバー 65g

色々勉強してみると高額ですが、お医者さんが選ぶ天然素材から作られたマルチビタミン、ミネラル、乳酸菌、不飽和脂肪酸・オメガ3、DHA,EPAなどを含んでいて他にプラスで飲む必要がない最高のサプリメントです、他にプラスする必要が無いのでかえって安上がりかもしれません。





スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする