サプリメントのメリット&デメリット




サプリメントのメリット&デメリット

覚えておきたいサプリメントのメリット&デメリット
皆さんが良く勘違いされているのが、サプリメントは体に良いものだからなるべく多く摂取する方が良い、ましてや天然素材から抽出されている物なら薬と違って副作用や害など有ろうはずがないと思われている事です。

例えば、身近なところでビタミンです。
ビタミンAの過剰摂取による副作用で気をつける点は、緑黄色野菜に含まれるβカロテンと、動物性食品に含まれるレチノールでは、違いがあるということです。
(両方とも、ビタミンAとして体内に吸収されます。)

それぞれの副作用の注意点は、次のようになっています。
βカロテン
ビタミンAが緑黄色野菜に含まれているときは、ビタミンAが2つ結合した状態になっていて、これをβカロテンと呼んでいます。消化されるときに、βカロテンがビタミンAに分解されて、腸から吸収されます。
βカロテンはビタミンAに変化する割合が少なく吸収率も低く、吸収の速度もゆるやかなので、過剰摂取しても、副作用のリスクは小さいのです。
また、体に必要な分だけがビタミンAとして吸収され、余りは尿から排出される傾向があります。このことも、副作用のリスクを小さくしています。
ビタミンAの摂取量の上限は成人で1日あたり3000μgREで、これ以下であれば、副作用はほとんど起きないとされています。
たとえ起こったとしても足の裏や手のひらが黄色くなる程度で重い症状になることはありません。
このようにβカロテンは、過剰摂取しても吸収率の低さや、体からの排出があるため、副作用が少ない安全なビタミンAといえます。

一方、レチノールは過剰摂取に気をつけないと、副作用が起こる可能性が高くなっています。
レチノールは、動物性食品に多く含まれるビタミンAです。特に多い食品には、豚レバー、鶏レバー、うなぎの蒲焼き、あんこうの肝、銀だらなどがあります。
レチノールはβカロテンのように消化によって、分解する必要がなく、吸収率が高い性質があります。
また、腸で吸収されたレチノールの大部分は、直接肝臓に運ばれ貯えられる性質もあります。つまり、吸収率や排出の仕組みが、βカロテンとはかなり違うわけです。
このため、レチノールを継続して過剰摂取すると、様々な副作用が起こります。
具体的な、副作用の症状には、次のものがあります。
・吐き気、嘔吐(おうと)、下痢、目まい
・手足の痛み
・激しい頭痛(後頭部の痛みが多い)
・けん怠感、不眠、食欲不振、脱毛
このような症状が起こったときは、すぐに摂取量を減らしたり、摂取をやめれば、副作用は徐々になくなります。

ただ、緑黄色野菜に含まれるβカロテンは、このような副作用はほとんどありません。妊娠中は、動物性食品を減らして、野菜中心の食事にするのがよいでしょう。

メリット&デメリット

男性に人気な亜鉛                                                               亜鉛サプリが体に良いと言われえいますが。
その効果とは。
・酵素の活性化
・胎児の成長
・精子の生成
・免疫の向上
・味覚細胞を作る
・育毛促進                                                                     男性にとって魅力的な夜の復活がよく言われています。
亜鉛が不足すると?
亜鉛は体内にため込む事があまり出来ない物質です。
摂取してもすぐに排出されてしまうため、不足しがちな成分です。
特に30代後半から、亜鉛不足になりやすく、中高年男性は特に注意が必要です。
この亜鉛が不足すると一体どんなことが起こるのでしょうか。

それは、薄毛になる、精子が減少し、性欲がなくなるです!!
亜鉛が不足すると、男性ホルモンが増加して、抜け毛が進行してしまいます。                                          さらに亜鉛は精液を作る元となるものなので、不足すれば精子が減少してしまいます。                                      これは一大事だと思いませんか?
亜鉛は吸収率が非常に悪く、70%以上が体外へ排出されてしまいます。
従って、食物を単純に摂れば問題ないと言うことではありません。

そこでサプリメントで摂取するという方法が最近は流行していますね。                                             サプリメントで取れば、効率的に亜鉛を摂取できるので食材を選んだり、沢山食べたりする必要がなく、生活のリズムを作りやすいですね。
ですが、 もちろん摂取しすぎると逆に副作用が出ます。                                                    目安としては、一日最大16mgです。
これは最も亜鉛を多く含む牡蠣が5個で10mg程度ですから、本来はそんな簡単に超える数値ではありません。
ですが、現在ではサプリメントで摂ることが可能となってしまっています。
ただ継続的に過剰摂取を続けた場合、鉄と銅の欠乏症を招いてしまいます。                                           そうなると
・コレストロールと糖代謝の異常
・白血球の減少
・貧血
・免疫の低下が見られます
さらに一度に大量に摂取することにより、急性亜鉛中毒を起こす事があります。
亜鉛中毒を起こすと
・めまい
・胃痛
・吐き気
・嘔吐
・発熱など
の症状が見られます。これは一大事ですね。

アミノ酸サプリメントの効果と副作用
アミノ酸サプリメントの効果はアミノ酸は身体の材料となるたんぱく質を構成する必要不可欠な成分であり、私たちの健康な身体を支えています。
テレビや雑誌でもアミノ酸サプリメントの効果が注目され人気となっていますが、具体的にどんなメリットがあるのかいまいちピンと来ない、という人も居るのではないでしょうか?

アミノ酸サプリメントが特に注目されている点はダイエット効果です。
20種類以上存在しているアミノ酸のなかでも、アルギニン・リジン・プロリン・アラニンといったアミノ酸には、脂肪分解酵素であるリパーゼという酵素を活性化させる働きがあることが分かっています。
これらのアミノ酸と有酸素運動を組み合わせると、さらに脂肪燃焼が促進されます。
他にも、皮膚のコラーゲン量を増やして美肌になったり、健康的な内蔵や筋肉・髪の毛・爪の維持集中力・免疫力のアップ、体力アップ、精神安定効果など様々な効果が期待できるのが特徴となっています。
特に運動した後や疲れているときに活躍してくれることでしょう。

アミノ酸サプリメントに副作用はあるの?
アミノ酸はもともと人体のたんぱく質を構成している栄養素のひとつであり、薬ではありませんので特に身体に害ではなく、副作用の心配はありませんサプリメントで少々多めに摂ったとしても不必要なアミノ酸は体外に排出されるようになっています。
しかし、アミノ酸サプリメントで特定の種類のアミノ酸を過剰に摂取すると、肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。
内蔵に障害のある人、持病を持っている人、妊娠中や授乳中の人などは、アミノ酸サプリメントの服用量には慎重にならなければならないでしょう。
また、体内で処理しきれなくなったアミノ酸は、グリコーゲンや脂肪として合成されるので太りやすくなってしまう危険性があります。
アミノ酸過剰な状態運動不足が重なると、ダイエットどころか逆に脂肪がついてしまうので注意しましょういつもの食事で足りていないと思われる種類のアミノ酸や、運動で消費されやすいアミノ酸を適量補うようにすれば、副作用なく安心できるサプリメントとして活躍してくれます。
20種類以上あるアミノ酸の中から特に必要と思われる成分を効率よく摂取していけば問題は無いのですが、そのためにはバランスの取れた食事を基本とした上でサプリメントは補助として服用する事ですね。

必ず自分自身で日頃の食生活で栄養素を摂取出来ているか確認し食生活で摂取する限りは、副作用の心配ないと思いますが、サプリメントで摂るときは、しっかりと説明書を読み、用法、容量に従う事が重要です、これは皆さんの責任です。




スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする