サプリメントは天然か合成か?





薬

天然成分か合成成分サプリメントか?
工場で作られる化学合成サプリメント
天然素材から化学合成して作られるサプリメント
天然素材から天然成分を抽出したもの、酵母や乳酸菌など天然の菌が作り出すサプリメント
など多くの素材や製法があります。

一概にどの製法が良いとは言えないような気がしますし法律上での特保も製造上の観点からではなく、科学的裏付けが出来れば天然素材から作り出された物でも化学合成された物でもどちらでも許可されます。

ビタミンやミネラルの17種類のサプリメントは高齢化やライフスタイルの変化により、通常の食生活では1日に必要な栄養成分を取れない場合に、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、栄養機能食品として表示ができます。

対象となる成分は、人間の生活に不可欠な栄養素で、科学的根拠が医学的・栄養学的に広く認められたものです。

現在は、ミネラル5種類、ビタミン12種類について、規格基準が定められています。
現在、規格基準が定められている栄養成分
ミネラル類
カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄
ビタミン類
ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸

化学合成されたもは天然素材から抽出されたものに比べ純度が高く摂取目安量を間違えると副作用を起こす可能性もあるので注意が必要です、出来れば天然素材から抽出したものを利用したいですね天然素材は科学的には分析されていないミネラルや酵素が含まれている事も多くまだ証明されていない効果(昔ながらの民間療法等)も期待出来ます。

精製塩と赤穂の荒塩(微量の塩化マグネシウム,ヨウ素のようなミネラルを含む)の違いと同じと考えていますが、少し乱暴すぎますか。

日常生活で不足しがちな単純なビタミン・ミネラル等の栄養機能食品は毎日の事でもありますし価格的に手頃な合成成分でも摂取量を守ればどちらでも問題ないと思い、私は自分の懐に見合ったものを愛用しています。






スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする