サプリメントを上手に摂る方法!

サプリメントを上手に摂る方法!

今ではコンビニやドラッグストアの店頭でサプリメントを当たり前に見かけるようになりました。
多くの人がサプリメント経験者になっているこの時代にサプリメントは本当に考えるような効果があるのでしょうか?

上手なサプリメントの取り方

サプリメントとは?

サプリメントとはアメリカでは「ビタミン・ミネラル・ハーブ・アミノ酸のいずれかを含み、日常の食事を摂る事の出来ない栄養素を補うことを目的とするあらゆる製品」と定義されています。
ただ日本では法律的な根拠がなく、一般的には「健康食品」と呼ばれ現在は製品としての品質を保証する根拠が全くない状態です。

健康食品に分類される食品のサプリメントは、法律上の定義はなく健康の維持増進のために利用されています(図)。

図:健康食品・保健機能食品・医薬品の分類を示す図
図:健康食品・保健機能食品・医薬品の分類

サプリメントはビタミンやミネラルなど健康の維持増進に役立つ特定の成分を濃縮し錠剤やカプセル状にしたものです。

先程も言ったように、アメリカではDietary Supplementを「従来の食品・医薬品とは異なるカテゴリーの食品で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブ等の成分を含み、通常の食品と紛らわしくない形状のもの」と定義しています)

サプリメントの種類

サプリメントは役割や目的によって大きく3種類に分類され、各社メーカーから多くの種類が数多く販売されています。

ベースサプリメント

ベースサプリメントには、体に必要なビタミンやミネラルやアミノ酸、食物繊維、DHAやEPAなどを含んでいます、ビタミンはビタミンB1やビタミンB2など、ミネラルは鉄や亜鉛などのように単体で販売されるものや、ビタミンと共にマルチビタミンという形で販売されることもあります。

ヘルスサプリメント

ヘルスサプリメントには、健康維持や美容などに効果があるイソフラボン、ローヤルゼリー、プロポリス、セサミン、カテキンなどがあります。

オプショナルサプリメント

オプショナルサプリメントには、ウコンやマカ、ブルーベリー、グルコサミンなどは体調の回復のために利用されます

サプリ1

サプリメントの目的

サプリメントの目的は健康の維持・増進し病気を予防、また通常の食事で不足がちな栄養素の補給や疲労回復、美容やダイエットなどと年齢や性別によって目的は様々です、さらに約5%の人は医薬品ではないのですが、病気の治療を目的に使用しています。

サプリメントの上手な摂り方は?

サプリメントは不足している栄養素を補う目的で摂取するものです、そのためには。

  1. 個人個人が自分に不足している栄養を知る事。
  2. まずは生活習慣を改善しても、不足して充足できない部分を補う事。
  3. 大事なことは品質が十分保証されている製品を選部事です。
  4. また正しい摂取方法、量を摂取する事です。
  1. 栄養が不足しがちな人このような人はカッコ内のビタミンが不足しがちです。
    1. ストレスの多い生活をしている人(A、C、B1、B2)
    2. 甘いものを好む人(B1)
    3. かぜ、胃腸炎などの感染症、手術後の人(A、B1、C、E)
    4. 筋肉運動の量が多い人(B1、B2、ナイアシン、E、C、β-カロテン)
    5. 妊産婦、授乳婦、発育期の青少年(ビタミン類全般)
    6. 抗生物質を使用している人(B2)
    7. 経口避妊薬(ピル)を使用している人(B1、B6、B12、葉酸、C、E)
    8. 厳格な菜食主義者(B12)
    9. 日光の当たらないところにいることが多い人(D)
    10. たばこを吸う人(A、C)
    11. 睡眠が不足がちの人(B1、B6、B12)
    12. よく日焼けをする人(C、E、β-カロテン)
  2. まず生活習慣を改善                               食事・運動・休息や睡眠は適度に行えていますか?
    生活習慣に不安があって、この不安を解消するために、生活習慣を改善しないまま、
    やみくもにサプリメントを試すのは百害あって一利なしです。
  3. サプリメントを選ぶために                            自身で正確な情報、および品質を知るために以下のようなお勧めのサイトを参考にして下さい。
    品質・正確な摂取方法:食事・薬品との飲み合わせ
    NPO日本サプリメント協会
    正確な情報をえるために
    財団法人 日本健康・栄養食品協会

サプリメントの利用状況

サプリメントの利用状況は年々増加し、最近では約3割の人が毎日サプリメントを利用している状況です。また以前サプリメントを利用したことがある方は約8割もいます。さらに大人だけでなく、子供用のサプリメントもあり、身体の成長や脳の発達のために、約8~10%程度の親が子どもにサプリメントを与えています。

サプリメントの正しい利用法

サプリメントの情報はTVや雑誌、インターネットなどで情報が氾濫しています。まずは購入する前に、ご自分に本当にサプリメントが必要か考えてみます。

サプリメントの利用の前に、まずは毎日の食事から野菜、果物、乳製品、魚などを食品から取り入れるようにします。そのためには栄養バランスの良い食事を心がけ、食事内容や食生活事態を見直します。

サプリメントを購入する際には成分名、含有量、問い合わせ先を確認します。特に健康面の安全性や有効性を判断するためには含有量が必要です。サプリメントは食品に分類されていますが、ビタミンやミネラルなど1度に多種類のサプリメントを摂取すると健康被害の可能性が高くなり、被害の原因究明も難しくなります。何種類か摂取している場合は、同じ成分が重複していることもあり、過剰摂取による体調不良も引き起こします。

サプリメントを使用する際は、服薬中の薬との飲み合わせを確認します。サプリメントの形状は薬に似ていますが、薬とは別物です。サプリメントの利用によって病気の治癒が遅れたり、症状が悪化することもあります。

サプリメントは食品ではありますが、薬のような副作用がないわけではありません。サプリメントを利用するときは、どこのメーカーをいつ、どのくらい飲んだかなどをメモし、体調が悪くなったときは、すぐ使用を中止し、医療機関や保健所へ報告します。

また三七人参、ローヤルゼリー、ウコン、スピルリナなど天然のものでもアレルギーを引き起こすこともあります。表示に天然・自然の素材と記載されていても安全、安心とは限りません。

サプリメントを摂取しても良い実感がないときは、思い切ってサプリメントを止めてみることも大切です。

サプリメントの上手な活用方法は、サプリメントを利用しながら生活習慣や食生活も一緒に見直していくことです。

スポンサーリンク
お知らせ




お知らせ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
お知らせ